【長野で見るラザールダイヤモンドの婚約指輪、結婚指輪】THE LAZARE DIAMOND〜最も美しいダイヤの秘密〜

ラザールダイヤモンド長野市で取扱い一真堂ブライダル

 

 

”The World’s Most Beautiful Diamond.” (世界で最も美しいダイヤモンド)

 

数多くの世界的ブランドを生み出すアメリカでこの言葉を商標登録できているのは「LAZARE DIAMOND(ラザールダイヤモンド)」だけ。

ダイヤモンドにこだわりたい本物志向な方に選ばれているハイブランドです。

 

 

今回はそのラザールダイヤモンドの魅力を徹底的にご紹介していきます!

 

こちらの記事でわかること

①”The World’s Most Beautiful Diamond.”の理由

➁ラザールダイヤモンドがもたらしたダイヤモンド業界への功績

➂ラザールダイヤモンドの人気デザイン

 

 

【世界三大ダイヤモンドブランド】ロイヤル・アッシャーとラザールダイヤモンドの魅力と違いを解説

 

 

【ラザールダイヤモンド:輝きの秘密編】

 

 

「ラザールダイヤモンドはなにが違うのか?」

 

 

数々の偉業を成し遂げてきたラザールダイヤモンド。では、具体的な違いは何なのでしょう。

ラザールのダイヤモンドの特徴とともに、”The World’s Most Beautiful Diamond.”の理由にせまります。

 

 

〜原石〜

 

ラザールダイヤモンドの原石

 

 

4Cには記載されない超重要ポイント

 

ほとんどのお店でダイヤモンドについて聞くと、語られるのはカットされた後の話ばかり。

実はダイヤモンドの輝きは原石(カットされる前)の段階で8割方決まっていることを教えてくれません。

そして原石にもグレードがつけられていることも。

 

▶▶4Cを知らない!もっと知りたい!という方はこちら

 

 

仮に4Cにおいてパーフェクトなダイヤが2つ目の前にあったとしましょう。

それが良い原石と悪い原石だったとき、その差は歴然とわかります。テリとツヤ感に大きく影響するからです。

 

カットされた後に4Cに沿ってグレーディング(希少価値を鑑定すること)されますが、原石自体からグレーディングは行われています。

最高評価の原石を”ソーヤブル”と呼び、ラザールが使用する原石はその”ソーヤブル”だけなのです。

 

 

ダイヤの輝き・品質にこだわりたいなら、原石からこだわる必要があります。

 

 

地球規模の原石調達ネットワーク

 

ダイヤモンドの産地を限定するブランドもありますが、ラザールはあえて限定しません。

その理由は高品質な原石を長期的に安定供給するためです

 

ラザールは”The World’s Most Beautiful Diamond.”の名にふさわしいダイヤモンドを安定的に供給することを使命と考えています。

そのため、ロシアやアフリカの原石生産国のジョイント・ベンチャー企業の一員として活動しており、高品質なダイヤモンドの安定供給をはかる事業に取り組んでいます。

さらに、ロシア、アフリカ諸国以外にも、ヨーロッパ諸国、アジア諸国、中南米とまさに地球規模で世界各地に拠点を構え、協力関係を築いてきました。

各地に構えた拠点で独自のカッティング技術やノウハウを共有し、協力体制をより強固なものにしています。

 

ラザールは最高のダイヤモンドを提供するためには、最高の原石を使わなければならないと自負しているのです。

 

 

 

〜世界最高峰のカット〜

 

アイディアルメイク

 

アイディアルメイクとは皆さんがイメージする丸いダイヤ(ラウンドブリリアント)において人類史上最高に輝くカット理論から導き出されたカットのことです。

このカットが発案された当時、難しすぎて机上の空論となり誰もカットすることができなかったのですが、ラザール・キャプランが世界で初めて実現させました。

 

一般的に4CのCut(カット)項目において3EX(トリプルエクセレント)というものが最高グレードになります。

カットを評価するときはアイディアルメイクのダイヤモンドと比較しているため、ラザールのアイディアルメイクは3EXと同等かそれ以上に美しいといえるのです。

 

当然ラザールのダイヤモンドは100%アイディアルメイクです。

 

 

16工程のプロ集団

 

 

ラザールのカット方法は普通のダイヤモンドのカットと大きく異なります。

通常は、一人の職人が最初から最後までカットを行うのに対し、ラザールでは工程ごとにその工程だけを担当する熟練のカッターがいます。全部で16工程あり、それぞれに責任者が厳格な審査を行います。

16回の審査をパスした最高のダイヤモンドだけがお客様の手に渡るようになっています。

 

もし、少しでも問題があれば何度でもやり直しさせます。

多数の厳しい目でチェックすることで、妥協を許さない最高のダイヤが完成するのです。

 

この仕組みによって、すべてのダイヤモンドの品質を高いレベルで維持しています。

 

 

NASA電子顕微鏡が証明する研磨技術

NASA電子顕微鏡で見たダイヤモンドの表面写真

 

ダイヤモンドの表面を磨き上げる過程です。

肉眼で見ればキレイなダイヤモンドでも、電子顕微鏡でその表面を覗くと磨き痕が確認できます(画像右)。これを研磨痕と呼びます。

 

研磨痕があると光がダイヤモンドに入射した時にその凸凹とした表面で乱反射を起こしてしまいます。乱反射を起こすと光が想定外の屈折を起こしてしまい、ダイヤモンドの透明感と輝きを損ねます。

 

ラザールダイヤモンドは表面に研磨痕が無いように丁寧に磨き上げるため、完璧に光を取り込んで、理想的なアイディアルメイクの輝きを引き出します。

瑞々しく美しい虹の七色の光はこの細かい仕上げから生まれるのです。

 

 

〜ラザールダイヤモンドの輝きの特徴〜

ダイヤモンドルース

 

ラザールダイヤモンドの輝きの特徴は以下の3つです。

 

1.虹の七色の輝き

ラザールのダイヤモンドは他のダイヤモンドよりも虹の七色の光が美しく見えます。

これはアイディアルメイク最高の原石を使用することにより生み出されます。虹色は心理学上、癒しと幸せの色彩と言われ、動かすたびに色を変えて輝くダイヤは眺めているだけで幸せになりますね。

 

2.奥深い輝き

最高品質の原石を使用することで、光がダイヤの内部から湧き出るように輝きます。

悪い原石だと内部で光が乱反射するため、この”深みのある輝き”は出せません。

この内部から溢れ出る輝きは力強く、他のダイヤでは見れない輝きです。

 

3.みずみずしい輝き(テリ・ツヤ)

最高原石の特徴であるテリとツヤ感が感じられます。

ラザールのダイヤを見たら、光の下よりも暗いところでダイヤを見て下さい。

他のダイヤよりも”水の雫”のようにみずみずしく輝きます。

 

 

世界初!ふたりのダイヤモンドにメッセージを刻もう

ダイヤモンドレーザー刻印

 

ラザールのダイヤモンドには好きなメッセージを刻印することができます。

「輝きに影響しそう・・」と不安の声があがりそうですが、ご安心下さい。ダイヤモンドには画像のように”ガードル”と呼ばれる輝きに影響しない面が存在します。そこに刻印していきます。

 

 

このガードル部分に刻印するという技術は髪の毛に刻印するようなものです。かなりスゴイことがお分かりいただけると思います。刻んだメッセージは店舗の専用機器で確認するか、納品時に付属の写真をプレゼントしているのでそこで確認できますよ。

 

ふたりのメッセージの他に、0.18ct以上のすべてのダイヤには”LDマーク”と”IDナンバー”が必ず刻印されます。

これはラザールダイヤモンドの証であり、その品質の高さを証明するものです。IDナンバーはデータ管理されており、証明書との確かな同一性の確認ができます。

 

 

【ラザールダイヤモンド:ストーリー編】

 

ラザールダイヤモンドが世界三大ダイヤモンドブランドの一つに数えられ、”The World’s Most Beautiful Diamond.”の商標登録を許される理由の一つがこれまでの偉業・実績です。

細かく見ていくと数え切れないほどの功績があるため、今回は特にこの4つをポイントに解説していきます!

 

①アイディアルメイクの実現

②ヨンカーダイヤのカットに成功

③3Cを4Cへ

④GIAとの深いつながり

 

 

①アイディアルメイクの成功

アイディアルメイクの説明

 

アイディアルメイクとはラウンドブリリアントカット(丸い形のダイヤモンド)において、もっとも輝きを放つとされる理想的なカットの方法です。

婚約指輪を見るとどれも丸いダイヤが使われていますよね。あれらはほぼすべてがアイディアルメイクに基づいてカットされています。

 

ラザールダイヤモンドの創業者である”ラザール・キャプラン”の従兄弟の数学者”マーセル・トルコウスキー”によってアイディアルメイクは発案されました。1919年に発案されて以来、今現在でもその輝きを超えるカットは生み出されていない究極のカットです。

 

 

このアイディアルメイク理論を初めてラザール・キャプランが実現させました。

 

彼がこのアイディアルメイクを実現した当初、世間からは奇異の目で見られていました。同じダイヤモンドカッター達は彼を「クレイジーなやつだ」と思ったそうです。以後、彼は世界から「カッティングの魔術師」「Mr.ダイヤモンド」と呼ばれるようになります。

 

10代の頃からダイヤモンドカッターとしての道を極め続けていたキャプランだからこそ成し得た功績だったのです。

 

 

②ヨンカーダイヤモンドのカットに成功

 

ヨンカーダイヤモンド

 

宝石商で有名なハリー・ウィンストンが726カラットのダイヤ原石「ヨンカーダイヤモンド」を手に入れました。

ハリーで抱えるダイヤモンドカッターのカット方法とラザールの提唱するカット方法がほぼ同じだったため、この原石のカットをラザールに任せたのです。

 

 

通常、ダイヤモンドをカットするときは失敗しても良いように保険会社を依頼します。

しかしヨンカーダイヤモンドは当時歴史上2番目に大きなダイヤモンド原石だったため、当時保険をかけていたロイズという保険会社からこのダイヤモンドに関してはカットを失敗しても一切保証しないという姿勢をとられ、ラザールは決してミスの許されない状況に追い込まれました。

 

そしてラザールは1年以上の歳月をかけて何度もカッティングの計算をやり直し、見事ヨンカーダイヤモンドのカットに成功。

彼は当時をこう振り返ります。

 

 

「完璧な失敗か、完璧な成功か、その一打にかかっていた。」

 

 

誰もが失敗することを確信していたカッティングだったために、それを見事に裏切りカットを成功させたラザール・キャプランは信じられないほどの名声を得ることになったのです。

 

 

③3Cを4Cへ

 

GIAの鑑定書

 

 

ダイヤモンドの価値を決める4つの項目はCarat・Color・Clarity・Cutの頭文字をとって「4C」と呼ばれています。

婚約指輪選びの中で、この「4C」から自分だけのダイヤモンドを選ぶのです。

 

この4C、実はもともと Cut(カット)の無い”3C”だったということは意外と知られていません。

 

 

Carat(カラット)・Color(カラー)・Clarity(クラリティ)の3Cだったころはダイヤモンド本来の持つ質にだけ注目されていましたが、ラザールキャプランが”ダイヤモンドは正しくカットされないと輝かない”ことを説き、4Cを確立させます。

アイディアルメイクを完成させた実力者だからできた偉業です。彼がいなければ、きっと私たちは今でも”3C”から自分のダイヤモンドを選んでいたでしょう。

 

 

 

④GIAとの深い繋がり

ダイヤモンドルース

 

 

③3Cを4Cへ   とつながりますが、ラザールはGIAの設立に大きく関与しています。

 

GIA(Gemological Institute of America)とはアメリカに本社を構える世界最大規模の鑑定機関

非営利の団体なので、公平にダイヤモンドの鑑定や情報を提供する独立した機関であることでも知られています。

日本を含むアメリカ、アジア諸国はこのGIAの基準に沿っているのが一般的です。

 

 

GIAが設立されるまで、ジュエラーのほとんどは自分自身の勘と経験だけを頼りに鑑別やグレーディングを行っていました。

それを国際的に統一した鑑定をするためにその品質表示として4Cを採用しています。

 

 

そしてこの4Cの基礎を作ったのがラザールです。

ダイヤモンドのカラーグレーディングに使われる最初のマスターストーンにラザールのダイヤモンドが使われました。もちろんカットグレーディングにもラザールのダイヤモンドが使用されています。

つまり、世界中のブランドがラザールのダイヤモンドを目標としていたのです。

 

まさに”The World’s Most Beautiful Diamond.”ですね。

 

 

これらの多大なダイヤモンド業界への貢献からラザール・キャプランはGIAの名誉副会長に、息子のジョージ・キャプランは取締役(のちに副会長)に任命されています。

 

 

ラザールダイヤモンド:売れ筋デザインランキング

 

 

一真堂でのラザール人気指輪ランキングです!どれが良いか迷っている人は一つの参考にしてみてください。

婚約指輪と結婚指輪でそれぞれまとめてみました。

 

婚約指輪〜エンゲージリング〜

 

3位  ドリルトン  \223,300~

ラザールダイヤモンドの婚約指輪「ドリルトン」

意外とありそうでない両脇2石ずつのメレダイヤデザイン。脇に1石ずつのものなら数多くのブランドが用意してあるデザインですが、このタイプはなかなかありません。

オーソドックスなデザインながら、控えめすぎず、派手すぎない婚約指輪で人気があります。

 

横から見たときにメレダイヤの横顔がのぞけるのもポイント。

 

 

 

2位 ファイアワークス \217,800~

ラザールダイヤモンドの婚約指輪「ファイアワークス」

夜空に煌めく大輪の花火をイメージした婚約指輪。サイズの大きなメレダイヤがセンターダイヤと密着しているため、輝きが増して見えます。

絶妙なウェーブラインが左手の薬指に馴染んで、手をキレイに魅せてくれますよ。

 

花火が思い出の1ページにあるならこちらがおすすめ。

 

 

1位 マチルダ ¥210,100~

 

  • ラザールダイヤモンド マチルダ

 

王道な1石ストレートデザイン。ダイヤモンドを目立つようにアームのセンター部分に軽いエッヂをいれています。

同時に指輪をスッキリ綺麗に魅せてくれることでも人気。マチルダを横から見ると石座の透かしが美しいデザイン。アームからなめらかにダイヤのトップへと続くため、引っかかりが少なく気兼ねなく着けられます。

 

好みが分かれにくい婚約指輪らしいデザインです。

 

 

結婚指輪〜マリッジリング〜

 

ラザールの結婚指輪のダイヤモンドもすべてアイディアルメイクです。

*サイズで価格が異なる場合があります。

 

3位 LG021PR(M’s) ¥104,500~  LG022PR(L’s) ¥110,000~

ラザールダイヤモンドの結婚指輪「LG021PR」と「LG022PR」

つや消しをベースに、ねじったように表現した結婚指輪。

「結婚指輪はひかえめに着けたい」そんな人には目立ちすぎずにシンプルに着けられ、人ともかぶりにくいこちらのデザインをおすすめします。

フチ部分はグロス(ツヤ)仕上げのため、角度で見え方が変わる点も楽しめるポイントの一つ。

 

男性からの人気が強い結婚指輪です。

 

 

2位 LG023PR(M’s) ¥104,500~  LG024PR(L’s) ¥143,000~

ラザールダイヤモンドの結婚指輪「LG023PR」と「LG024PR」

 

ウェーブに見えて実はストレートタイプの結婚指輪。ダイヤモンドは若干華やかなくらいがちょうど良いという方にぴったりな輝き具合。

幅もそれなりにあるので好みは分かれますが、太すぎるということはなく安定感を持ってお使いができます。

 

ダイヤが斜めにはいっているので、手元に馴染みやすく見えます。

 

 

1位 カシオペア(M’s) ¥128,700~  カシオペア(L’s) ¥128,700~

ラザールダイヤモンドの結婚指輪「カシオペア」

ゆるやかなウェーブのラインに流れるようにダイヤがきらめく。細くてつけ心地も良く、ラザールの輝きをずっと手元で満喫できるデザインです。

かわいくも気品のある姿から、女性に抜群の人気を誇るNo.1デザイン!

 

 

 

一緒に見ておきたいダイヤモンドカッターズブランド”ロイヤルアッシャー”

 

ロイヤルアッシャーの婚約指輪と結婚指輪

 

業界でも有名な欧米と西洋の2大ブランドがラザールダイヤモンドとロイヤルアッシャー(ROYAL ASSCHER)。

 

アメリカとヨーロッパのダイヤモンド文化は少し違っているところがあり、その特徴も異なります。

出身地の兼ね合いからアメリカのラザールヨーロッパのロイヤルアッシャーとも言うことが出来ますね。

 

 

ラザールダイヤモンドは虹の七色の輝き・奥深い輝き・テリとツヤ感が特徴なのに対し、ロイヤルアッシャーは純白の輝き透明感が強いさっぱりとした輝きが特徴になります。

 

アメリカは虹の七色を重視し、ヨーロッパは白い輝きを美しいと考えます。(日本の流通ダイヤはアメリカの影響を強く受けているものがほとんどです。)

輝きに対してどちらが上ということはなく、個人の好みです。

 

 

ロイヤルアッシャーは人類史上世界最大のダイヤモンド原石のカットに成功し、さらにはエメラルドカットなど多数のカットを開発。

「ロイヤル」の称号はオランダの女王陛下から名乗ることを許され、ダイヤモンド業界で唯一名乗ることを許されています。

あのエリザベス女王をはじめとする世界各国の王室皇室に愛用されているまさに「ロイヤル」ブランドです。

 

 

 

詳しくはこちらのページをチェックしてみてください↓

▶▶純白の輝き〜ロイヤルアッシャーの秘密〜

▶▶ロイヤルアッシャー公式HP

 

 

取扱店舗

 

ご紹介したラザールダイヤモンドとロイヤルアッシャーはTVCMなど大胆な広告は控えめです。認知がいわゆるスーパーブランドに比べれば低いため、本物思考の人に選ばれています。

自分だけの最高の指輪がほしいなら、世界で一番美しい輝きと称されるラザールダイヤモンドがおすすめです。

 

 

他に候補にあがっているブランドがあったとしても、世界のトップに君臨する輝きを目にした上で選んだほうが後悔もしなくてすみますよね。

 

 

長野県では一真堂にてプロのスタッフがわかりやすくブランド・ダイヤモンドの特徴の違い等をお伝えします。

 

 

ご購入の意思に関わらず、気軽な来店予約をお待ちしております。日にちに余裕がある場合、好みのデザインラインナップを充実させてのご対応が可能です。

ご予算やご検討中のデザインがあればあらかじめお伝えください。

 

 

 

一真堂で婚約指輪・結婚指輪を見る・探す▷▷ご予約フォーム

 

――――――――――――――――
長野の婚約・結婚指輪専門店
ブライダルジュエリーショップ
ブルージュ一真堂
〒381-0034
長野県長野市高田1737-1
営業時間 11:00∼19:00
お問い合わせ:026-263-5550
HP: http://1sd-bridal-nagano.jp/
――――――――――――――――